汗の量

オールインワンゲルランキング

足が蒸れるのは当たり前

身体や顔に発生する汗と対比して、足がかく汗はさほどないように感じるかもしれませんが、実を言うと1日でコップ1杯もの汗が出ているのです。

 

風通しの悪い靴を着用していると、足裏から発せられたコップ1杯もの汗が靴の中に残留することになります。行き場のない汗は、靴の中を湿らせて足のむれを招く引き金になります。

 

素足のままや、ポリエステルやナイロンなどでできた靴下を履いていると、足から発生した汗は吸い取られることがないため、足がむれる状態を引き起こします。それに、足がむれることにより不快な臭いが発せられてしまい、臭いがするのではないかと思い靴を脱げないというような状態となってしまいます。

 

さらに、足がむれることで引き起こされる問題として、下半身が冷えるようになってしまいます。足がむれることと下半身が冷えることとの相関関係というのは直感的には気付かないかもしれませんが、2つの要素は切っても切れない関係となっています。

 

足の裏から生まれた汗を吸収して、外部に逃がすこともできず、靴の中に蓄積された水分が足のむれを招きます。そのままになった水分は放出されることがないため同じ場所にあり続けます。

 

靴の中の汗は次第に冷たくなっていき、足の冷えを引き起こします。足のむれを招くと嫌な思いや臭いに悩まされるだけでなく、下半身の冷えまでも起こしてしまいます。

 

健康に気をつけるためにも、足がむれるままにしておくのはいけないのです。

 

オシャレに気を遣うのもいいことですが、足がむれてしまうことに繋がる原因をなくする対策を行なっておきましょう。ちなみに、足から放出された汗を吸収した靴も足がむれる問題に結び付きます。1日身に着けた靴は何日か陰干しをしておき、湿気をとってから履く癖をつけると足がむれるのを防げます。

しみやしわ対策

どのようなお手入れで、しみやしわ対策になるでしょう。カロリーオーバーやアルコール多めの食事をやめ、健康的な食習慣を維持することがしみやしわには効果的です。特に睡眠時間をしっかりと取ることでお肌の状態は良くなります。

 

しみやしわの改善予防など美肌の為に必要不可欠なコラーゲンが生成されるのは一般に夜の11時から午前2時までの間といわれています。午後11時から午前2時の間の睡眠は美肌を保つために有効だとされています。

 

大豆イソフラボンはしみやしわを目立たなくし、肌をなめらかにする作用があると言われている女性ホルモンと近い成分です。夜、寝る前に取り入れると効果的だとされています。夕飯のメニューに、豆腐や豆乳、納豆などを積極的に取り入れるといいでしょう。

 


運営者情報 | サイトマップ